東京都青梅市M様

お客様インタビューM様

私を知るようになったきっかけはなんですか?

奥様:
以前からリフォームやりたいとずっと思ってて、なんかのびのびになってた時に、チラシが入ってきてたんですよ、何回かね。

それでチラシを何枚かとっておいて、そろそろやろうかって言って。杉田さんのチラシとか見てね、ホームページも見ました。

最初は電話しようかと思ったんですけど、お忙しいかと思って、メール送らせていただいたんですよね。それがきっかけです。

ほぼ私に、任せっきりだもんね(笑)。

ご主人:
ほとんどカミサンに任せっきりで。

奥様:
とにかく「やる!」って決めたから、私が。古かったから、早くキレイにしたいと思って。

コロナで自粛して、家の中にいることも多いし。

ちょうどニャンコが亡くなってしまったんですよ。それもきっかけで。猫がいない間に、リフォームやっちゃおうって。

とにかく「やる!」って決めたから、私が。

とにかく「やる!」って決めたから、私が。

 

私を初めて見たとき、正直どんな印象でしたか?。

奥様:
すごい人柄がにじみ出てて。人柄で選んだような感じ(笑)

話も聞いてくれそうだし、いろいろアドバイスもしてくれそうだし、すごい優しそうな印象で。すごい信頼できそうだなっていうのが、第一印象でした。お世辞なしで。

ご主人:
初めて杉田さんのお店に行ったら、「なんか、Nゲージって書いてあるよ」ってカミサンが。

奥様:
一番最初、鉄道模型に目がいったよね。「書いてあるよ」って(笑)

ご主人:
それを見て、「鉄っちゃんか?」という第一印象でしたね(笑)

上の部屋で杉田さんが、趣味で鉄道模型作ってるって話を聞いて。私も鉄道関係の仕事してるので、ちょっと親しみを感じましたね。

「鉄っちゃんか?」という第一印象でしたね(笑)

「鉄っちゃんか?」という第一印象でしたね(笑)

今回なぜリフォームをしようと思ったのですか?

奥様:
家は築30年以上経ってたから、そのまんまだったんですよね。引き出しは取れてるわ(笑)もう、使いにくいこともあって。

キッチンだけのリフォームだと、キッチンだけしかキレイにならないじゃないですか。だから思い切って、いつもいる部屋だから、二部屋だけリフォームしようかと。

ご主人:
同じです。もう、カミサンにお任せ。

奥様:
リビングだけは、やりたかったんですよね。

ご主人:
俺はここに座って、テレビを見てるか、酒飲んでるか、CD聞いてるかなんで、お任せ(笑)

奥様:
この部屋にいることが、一番多いから。

リビングだけは、やりたかったんですよね。

リビングだけは、やりたかったんですよね。

リフォームするまで、どんなことが気になっていましたか?

ご主人:
一番気になったのは、やっぱ共稼ぎなんで、二人とも仕事に行ってる間のことが一番心配でしたね。

職人さんだけしかいないじゃないですか。信用してないとかっていうんじゃなくて、ちょっと不安は、最初ありましたよね。

奥様
工事している間に、仕事を休むわけにもいかないし。どれくらいの日数でできるのかなとか。

ご主人:
工事が始まるまでは、そこが一番心配でしたね。そこだけですかね。

奥様:
工事やるとこと、やらないとこがあるじゃないですか。リフォームして、キレイになったところとの落差は、どうなのかなと思ってたけど。

ご主人:
リフォームが終わったら、ものすごい開放的になったんですよね。そこに棚があって、モノがいっぱい置いてあったのがなくなって、スッキリしたから。

いろいろモノを捨てたりする、いいきっかけだったですよね。

取扱説明書とか、あるじゃないですか。一応、とっとくじゃないですか。古い取扱説明書って、わりと入れっぱなしなんですよ。ずーっとたまってたからね。リフォームしたことで、それを結構、整理できた。よかったよね。

やっぱ共稼ぎなんで、二人とも仕事に行ってる間のことが一番心配でしたね。

やっぱ共稼ぎなんで、
二人とも仕事に行ってる間のことが一番心配でしたね。

私に依頼する上で、迷ったり、躊躇したことはありますか?

ご主人:
なかった。

奥様:
一番気になったのは、金額的なこと。工事費用が、どんどん増えていっちゃったらね、ちょっと心配だったんだけど。

ある程度、全部見てもらえて、見積もり通りにやっていただいたから。プラスアルファーの追加料金とか発生せずに済んだし。

ご主人:
俺は、何もないよ。どこに頼むのかだって、全部カミサンに任せちゃって(笑)

どんどん増えて行っちゃったらね、ちょっと心配だったんだけど。

どんどん増えて行っちゃったらね、
ちょっと心配だったんだけど。

私に頼む上で、決め手になったことはなんですか?

奥様:
優しい人柄ですね~(笑)ホントになんか、人柄がにじみ出ていたから。

だから、いろいろ細かいことに気づいてくれて。

「冷蔵庫をここに置きたいんだ~」って言ったら、「コンセント、ここにあった方がいいんじゃない」ってアドバイスしてもらえて。自分では、気がつかないじゃないですか。

キッチンパネルを入れた方がいいとか、いろいろ教えていただいたのが、良かったかな~って。

優しい人柄ですね~(笑) ホントになんか、人柄がにじみ出ていたから。

優しい人柄ですね~(笑)
ホントになんか、人柄がにじみ出ていたから。

今回のリフォームの件で、印象に残っていることはなんですか?

奥様:
工事中は、家に帰ってくるのが楽しみだったね。「どこまでできてるんだろう」って(笑)

家に帰ってくると、「ここができてて」みたいな。その日その日の帰ってきた時の楽しみみたいなのが(笑)。

ご主人:
毎日、写真撮ってたもんね。

奥様:
そうだね。撮ってた、撮ってた。

ご主人:
仕事から帰ってきたら、「あ、ここ変わってる!」って、何枚もバシャバシャ写真撮って。

家に帰ってくるのが楽しみだったね。 「どこまでできてるんだろう」って(笑)

家に帰ってくるのが楽しみだったね。
「どこまでできてるんだろう」って(笑)

今回、一番良かったことは何ですか?

ご主人:
やっぱり、キレイになったってことと。そこ、段差があったじゃないですか。

段差が全くなくなったのも、良かったな~。

奥様:
年とるとだんだん、つまずくもんね。

ご主人:
キッチンが使いやすくなった。

奥様:
キッチンがホントに、使いやす~い!使い勝手いいです。

ご主人:
もう毎晩、この部屋で飲んでて(笑)。

奥様:
えんえんと続くの。いつまで、何時間飲んでるんだろうって(笑)

居心地が良くなっちゃったからね~。

もう毎晩、この部屋で飲んでて。

もう毎晩、この部屋で飲んでて。

ご家族の方は、何と言ってましたか?

奥様:
この間、弟が家に来たんですけど。まだ全然、工事の途中だったから。
「楽しみだね~」って(笑)。近いうち、家に呼ぼうかなと思ってるんですけど。

いま見たら、「違う家みたいだって」って言うと思います(笑)

やっとこれで、お友達とかも呼べます(笑)

やっとこれで、お友達とかも呼べます(笑)

やっとこれで、お友達とかも呼べます(笑)

最後に、あらためて、今、どんな気持ちですか?

奥様:
ありがとうございましたって感じです(笑)

ご主人:
職人さんも良かったよね、みんなね。

奥様:
ホントいい人だったね。

ご主人:
みんななんか、きさくな感じで。

奥様:
職人さんも、遅くまで作業やってくれて。もうちょっと家にいてくれたら、お茶出しとかできたのに。それが申し訳ないと思って(笑)。
ホントに仕事で、家にいなかったから。杉田さんは、私が家に帰ってくるまで、待っててくれたりとかね。「暗くなって、申し訳ない」とか思いながら、残業もせず帰ってきて(笑)。

ご主人:
そういう細かいところでしょうね。選んで良かったなと思うのは。そういう気持ちっていうのは、自分たちに伝わるものですしね。こちらも、ありがとうございます。

奥様:
なんかちょっとしたことがあっても、相談にのっていただいたりできるかな~と。また何かあったら、ぜひよろしくお願いします。

杉田:
今日は、お休みのところ、ありがとうございます。
ご主人から「居心地が良くなっちゃったからねぇ~」というお話をいただいて、わたしも工事をさせていただき、よかったなぁと思いました。
奥さんからは、ショールームにご案内のときに「じつは、もう、杉田さんに決めてるのよ」と言われたとき、驚きとうれしさでいっぱいでした。
牧野さんとのご縁をいただき、本当にこの仕事をやっていて良かったなぁ~と痛感しました。
いつまでも、居心地のよい部屋で、夫婦仲良くくつろいでいただき、元気で過ごしていただければ、うれしいです。

そういう細かいところでしょうね。  選んで良かったなと思うのは。

そういう細かいところでしょうね。選んで良かったなと思うのは。