東京都青梅市K様

信頼関係で長続きしているという ことですよ。お互いのね。東京都青梅市今井K様

私、杉田を知るようになったキッカケは何ですか?

ご主人:
広告だね。黄色いチラシが入っていて、それまでいろんなところでやっていたんだけど、あのチラシに惹かれたんだよ。温かいチラシで感じも「ご縁がある人に・・・」って。で、「お願いしてみようかな。」と思った。
それが最初かな~。

奥様:
そうそう。そんな感じ。

ご主人:
変わったチラシだったからね。リフォームチラシなんて写真がパッとあって、ワープロで打ったような感じで、堅いからな・・・。

私のことを初めて見た時、正直どんな印象でしたか?

ご主人:
気楽になんでも頼める感じかな。「あっ、お願いしてみようって。」

奥様:
最初頼んだ時、電話か何かした時に「ちょっと今、口内炎が酷いから、ちょっと何日かダメなんです」って言ってた。そうとう前の話。最初の話はね。

ご主人:
そんな感じだったね。

奥様:
電話か何かじゃないの?「ちょっと直ったら行きます。」って。
そんな感じじゃないの?記憶があるのよね。
具合悪かったのよね。
ストレスとか免疫力が下がると、できるのよね。

杉田:
それが印象ですか?

ご主人:
うん。口内炎の印象(笑)。

奥様:
でも持って生まれた穏やかそうなお顔ですよね。

ご主人:
でも徳でしょう?息子が営業をやっているんだけど、営業向きの顔って言うのは、見た感じで頼みたくなる。

杉田:
私は営業はすごい苦手なので、そのままでしかないかなと。それ以上のものは何もないから。

ご主人:
やっぱり人格ですよ、杉田社長の。

最初は、口内炎の印象(笑)

なぜ、今回屋根のリフォームしようと思ったのですか?

ご主人:
思ったらすぐにって、杉田社長のところしかないと思ったから。

奥様:
大工さんに、ちょっと上の直してもらったところなんかも、小さい工事だとなかんか来ないんですよね。
杉田社長のところは、すぐ直してもらって本当に良かったです。
キレイになってね、直してもらってね。あっという間に。

思ったらすぐにって、杉田社長のところしかないと思った。

リフォームするまで、どんなことが気になっていましたか?

奥様:
雨漏りが、これ以上ひどくなっちゃったら困るって。

ご主人:
雨が降ると漏っちゃってたからね。
少しの雨ならいいんだけど、家内の天井のところがボトボトと・・・。

奥様:
私の部屋の天袋のところが、染みてきちゃったの。あそこが一番ひどかったね。
あとはみんなところどころすごい染みでしょ。
天井直してもしょうがないからいいわって。私が寝るところだから・・・・

奥様:
雨漏りは、一番困るから。

雨漏りが、これ以上ひどくなっちゃったら困るって。

私、杉田に依頼する上で、迷ったこととか、躊躇したことは何ですか?

ご主人:
躊躇したことはないね。
迷いも何も躊躇はないね。安心感あったね。

奥様:
ここの柱を取ってもらったりね。

ご主人:
素人が分からないところを、杉田社長は専門だから「これは、こうしたらいいよ。ああしたらいいよ。」って言ってももらえた。安心感があるよね。
信頼しているから・・・
この太い木をずどーんと入れたもんね。
これ、取っちゃったら落っこちちゃうよって。
取れるところと取れないところがあるからって。

私に頼む上で、決め手となったことは何ですか?

ご主人:
決め手も何も前からだもん。もう決めたよ!

信頼関係で長続きしているということですよ。

奥様:
杉田社長に電話でお願いし始めて・・・。
信頼関係で長続きしているということですよ。お互いのね。

 

今回のリフォームの件で、どんな小さなことでもいいので印象に残っていることは、なんですか?

ご主人:
ちょっとしたことでも対処してくれた、ということですね。

奥様:
少しだったら嫌がるのだってね。大工さんが来てくれるのも、ちょっとした工事も・・・

ご主人:
今度息子がベランダを壊してリフォームをやるんだけど、3か月先だって。始まるのが。
「やんなっちゃう。どうしようかな。」なんて言ってたんだけど。
やっぱりそうなっちゃうと、頼めないよね。
業者さんにしてみれば、そう簡単には出来ないだろうけど・・・

奥様:
順番で混んでいるんじゃないの?

ご主人:
私なんかの利用者からすると、なるべく早くって。してもらうっていう意識が強いから。切羽詰まってお願いするんだから。
それが何か月も先になっちゃうと、「あー、他にいいところないかな?」っていう気になっちゃいますもんね。

奥様:
ああいう会社、大きいところはさ、やっぱり順番待ちがあるんでしょうね。
ああいう大きい、ウッドデッキを作って、庭をいじるみたいな。駐車場がなんだ、かんだやってたね。2台、3台入るとか。

ご主人:
まあ、物置を動かしたりなんかもお金がかかるらしいけどね。
でも来年1月に入るかな、と言ってたけど。

まあ、印象に残っているって言ったら、そういうところだね。
ちょっとしたところに対応してくれるのがやっぱりいいね。

ちょっとしたところに対応してくれるのがやっぱりいいね。

奥様:
会社が大きいからいいってもんでもないんだよ。

今回、一番よかったことは何ですか?

奥様:
早い対応、正確な仕事。
アスベストを含んだ瓦も早く処分できたし、そういう業者もすばやく探して、対応してくれたから良かったです。

ご主人:
アスベストを含んだ瓦を処分するのに1ヶ月、2ヶ月くらいになっちゃうかなぁって言っちゃってたから、年内に」どうかなあと思っていたけど・・

あれが一番、瓦の処分ができたのがね。

奥様:
良かったです。あれが一番、瓦の処分ができたのがね。

ご家族の方は、何と言っていましたか?

奥様:
息子の外壁もやってもらっているから自分たちもお願いしました。

ご主人:
そうそう。外壁をやってもらっているから。「助かったよ。」なんて。
だから「いいところだな。」と思っているんじゃないの?ちゃんとやってもらって。
言ってたもん。すごい丁寧だって。
屋根やった時もきちんとやって、「これ、やって下さい。」って言ったらちゃんとやって、「そこまでやっときますから。」って全部やってくれる。

「そこまでやっときますから。」って全部やってくれる。

だから、いいんじゃないの?うちの家族はみんな杉田社長を信頼してるよ・・。

最後に、今あらためて、どんなお気持ちですか?

奥様:
屋根が直ってホッとしている状態です。おかげ様です。
屋根は本当に心配したわ。「雨が降ると早く直してくれないかな、」と。
ポタポタ、漏ってくるわけじゃないから、じわーと染みてくるのかしらね。

ご主人:
どこから漏るのか分からないんですよ。雨が降ってもね。
それを直してもらって感謝しているよ・・。

杉田:
ありがとうございます。今日は改めていろいろ聞かせて頂いて、本当に嬉しかったです。こちらこそ感謝です。

屋根が直ってホッとしている状態です。おかげ様です。